「 デザイン業界 」カテゴリー

第023回「絵描きこだわりのPC環境を教えて」

フォーラジ第23回です。
 
今回はうきくささんからお便りを紹介します。
学生時代のパソコンネタで昔話に花が咲きました。
 
ぜひお聞き下さい!
 
※番組ではみなさんからのメッセージを募集しています!こちらのアドレスでお待ちしております!radio@4light.jp
※itunesのレビュー等も絶賛お待ちしております!

第018回「自分の仕事をプレゼンしてみる!背景イラストレーター、WEBデザイナー」

前回の専門学校の話から、自分たちの仕事について掘り下げてみました。
こんな人なら、こんな仕事を!という視点からお話しています。

アニメの背景美術、背景イラストレーター、WEBデザイナーのメリット、デメリットなど。

・オタクでない絵かき、かつカラーを商業でやりたい人におすすめする仕事
・数少ない絵を0からかける職業
・機械的に技術を習得できる
・オタクでクリエイターにはなりたいけれど、ゼロベースには自信が持てない人におすすめする仕事
・絵を描く以外の美術の道を体験できる。
・サイクルが早い業界なので美術系のトレンドの前線に浸れる。
・露出がとにかく多いので自分の作品を多くの人に見て貰える。

ぜひお聞き下さい!

※番組ではみなさんからのメッセージを募集しています!こちらのアドレスでお待ちしております!radio@4light.jp
※itunesのレビュー等も絶賛お待ちしております!

第017回「専門学校アニメ科卒の2人が語る~メリット、デメリット~」

フォーラジ第017回です。

今回は専門学校時代の話をしています。
昔話とあってか、普段よりも多めに喋ってしまいました。
こんなトピックが出ました。

・1つの業界にこだわらなくてもOK。つぶしがきく
・細いけど濃い人脈ができる
・ニッチな職業につく上で、モラトリアムとしてのメリット
・社会で意外と評価される専門学校卒
・途中で辞めるも人生
・専門授業が少ないはマイナス
・基礎力の差はつく
・専門学校はベターな選択では

ぜひお聞き下さい!

※番組ではみなさんからのメッセージを募集しています!こちらのアドレスでお待ちしております!radio@4light.jp
※itunesのレビュー等も絶賛お待ちしております!

第015回「従業員とフリーランス問題。それぞれのメリット」

フォーラジ第15回です。

今回はクリエイターの視点から、従業員とフリーランスどっちがいいのか?
についてお話します!
景田はフリーランス、菅は従業員なので、それぞれの立場からリアルな声がきこえてきました。
お金、信用など、メジャーなところからもっと日常のことまでお送りします。

ぜひお聞き下さい!

 (※犬の鳴き声が入っています。ご了承ください)

第014回「イラスト終わり時がわからない問題」

フォーラジ第14回です。

イラストを描いている時、どこで完成させたらいいか?もう少し書こうか、やめようか? こんな悩みはよくあることだと思います。
これは表現についてまわる永遠の課題かもしれません。
今回はその終わり時問題を探っていきまます。

プロはどうやって作品を完成させているかをヒントに、終わり時のあれこれをお届けします。
キーワードは「時間」です。

ラストにはおすすめの絵の練習法もお話していきます。 誰にでも出来る、アマチュアの人にとてもおすすめできる方法です。

ぜひお聞き下さい!

第011回「デザインの基本ルールとあだち充先生の名言」

前半「デザイン業界の常識からファッションを考える」
後半「あだち充先生の名言が深い」

フォーラジ第11回です。
前半は毎朝、服選びに困っている方必聴です!
デザイン業界の基本ルールから、ファッションを考えていきます。
明日から真似できるシンプルで強力な法則です。

後半はあだち充先生のスピーチを紹介します。
第一線の漫画家の発言は深い!だから、あの安定感があるのか!と納得。
なぜ深いのかをTEDの動画を紹介しながら掘り下げていきます。

ぜひお聞き下さい!
■後半で紹介した動画

第010回「納期短い問題&一瞬で絵がうまくなる方法SF編!」

前半「クリエイター納期短い問題」
後半「誰でも絵が一瞬でうまくなる方法SF編!」

フォーラジ第10回です。

前半は、納期の話。
デザイン業界などクリエイティブ系で働くにはついて回る問題です。
実際にどういうことが大事なのか、どういう能力があればいいのか?
現場で働く菅がアドバイスします!

後半は、脳科学ネタから、一瞬で絵がうまくなる方法です!
絵がうまくなるとは、そもそもどういうことなのか?
1つの症例から、どんどん掘り下げていきます。
独学で絵を学ぶには不安がつきものだと思いますが、そのヒントになるかもしれません!

ぜひお聞き下さい!
スポンサーリンク